日本人の腸内フローラ5タイプを調べられる
唯一の腸内フローラ検査サービス

検査キットとアカウントを
すでにお持ちの方

京都府立医科大学・摂南大学との
三者共同研究から生まれた
腸内フローラ検査

腸内フローラって何?

POINT 01
身体のさまざまな機能と
深く関わっている
(もっと詳しく)

近年、科学の進歩により、腸内フローラの研究が各段に進んだことで、腸内フローラが心身のコンディションや生活習慣病などさまざまな疾患と関係することが明らかとなりました。

最近では、脳と腸が密接な関係にあるといわれている「脳腸相関」なども注目されています。

POINT 02
生活習慣を映す鏡
(もっと詳しく)

腸内環境は、年齢や食生活などさまざまな要因によって日々バランスが変化します。腸内フローラのえさとなる食事が変わったり、ライフスタイルが変われば、腸内環境も変わります。

腸内環境は何を食べてきたか、どんな生活をしているのか、生活習慣を映し出す鏡といわれています。

POINT 03
日本人の腸内フローラは独特
(もっと詳しく)

腸内フローラは、環境要因や食事などの影響を受けて個人特有のバランスが出来上がります。

これまでの研究により、各国の方と比べて日本人の腸内フローラタイプは特徴的であることが明らかになっています。

Flora Scan🄬では日本人日本人1,803名を対象とした研究データから日本人特有の腸内フローラタイプを5つに分類しています。

参照:Tomohisa Takagi, Ryo Inoue, Akira Oshima , Yuji Naito et al.Typing of the Gut Microbiota Community in Japanese Subjects.Microotaginistms 2022
腸内フローラは
健康づくりのキーワード

Flora ScanⓇの特徴

01日本人に特化した
腸内フローラ検査

Flora Scan®では日本人特有の「エンテロタイプ」を5つに分けて評価しており、各タイプごとの食事傾向(栄養素)や生活習慣病/疾患との関連性を知ることができます。

Flora ScanⓇでわかること
腸内細菌叢の
タイプ
多様性
疾患との
関連性
有用菌と
要注意菌
腸のバランス
あなたの食事傾向から、日本人における
5つの腸内フローラタイプに分類することができます。
※特許取得済

< あなたの腸内フローラタイプは? >

あなたの腸内フローラタイプから、現在の食事傾向を知ることができます
理想的な腸内フローラタイプになるために、何を食べたらいいのか知ることができます
あなたの腸内フローラには、どれくらいの種類の菌が存在しているのか、多様性が高い状態かどうかを確認することができます。
どれくらいの種類の菌が存在しているのか、多様性が高い状態かどうかを確認することができます

< あなたの腸内フローラの「多様性」レベルは? >

< 多様性のレベルは? >

腸内に存在する、菌の多様性レベルを知ることができます
腸内細菌の種類が豊富(=多様性に富む)な状態がいいとされています
腸内細菌の種類が少ないと病気にかかるリスクが高まるという報告があります
腸内細菌の種類が豊富 (=多様性に富む)な状態が良いとされています。
腸内細菌の種類が少ないと病気にかかるリスクが高まるという報告があります。
あなたの腸内フローラタイプからみた各疾患との関連度レベルを示しています。
腸内フローラタイプからみた各疾患との関連度を示しています

< あなたと各疾患の関連度は? >

< 各疾患との関連度は? >

レベル5に近づくほど、疾患との関連度レベルが高くなります。腸内環境を整える意識をしましょう
レベル5に近づくほど、疾患との関連度レベルが高くなります
関連度がわかる疾患名一覧
生活習慣病
高血圧
脂質異常症
高尿酸血症
糖尿病
疾患
炎症性腸疾患(IBD)
機能性胃腸症
肝疾患
内分泌疾患
心疾患
精神疾患
※ 関連度レベルは最も健康的な方が多い腸内フローラタイプを基準に各生活習慣病とのオッズ比を基に算出しています
※あくまでも腸内フローラの観点から判定した各疾患との関連度であり、疾患の診断や今後の発症に直結するものではございません
腸内環境に存在する菌は体にさまざまな影響を与えます。
どんな菌がどれくらいいるのかを分析します
腸内にどんな菌がどれくらいいるのかを分析します

< どんな菌がどれくらいいる? >

菌を増やすには何を食べたらいいか、アドバイスが表示されます
菌を増やすには何を食べたらいいかアドバイスが表示されます
有用菌
(良い影響を与える)
ビフィズス菌
乳酸産生菌
酪酸産生菌
要注意菌
(悪い影響を与える)
ストレプトコッカス属
ウェルシュ菌
フゾバクテリウム属
エンテロバクター属
腸内環境のバランスを評価し、それらの結果を総合評価しています。

< あなたと腸内細菌叢のバランスは? >

< 腸内細菌叢のバランスは? >

代表的な5つの細菌を抜粋し、あなたの腸内フローラの主要細菌の構成を示しています
あなたの腸内フローラのバランスと、疾患リスクが低いタイプのバランスを比較しています
代表的な5つの細菌を抜粋し、あなたの腸内フローラの主要細菌の構成を示しています
腸内フローラのバランスと疾患リスクが低いタイプのバランスを比較しています

02自宅で簡単に
検査結果を確認

検査結果レポートのサンプルはこちら(一部のみ)
サンプルを見る

検査結果は、Web上で閲覧が可能です。
スマホがあれば、どこでも検査結果の確認ができます。また過去の検査結果と比較できたり、腸内環境の変化がひとめでわかります。

また、新たな研究成果が得られた場合は、過去の検査結果を含めて、アップデートが可能です。

03充実の
アフターサービス

アドバイス冊子のサンプルはこちら
サンプルを見る

検査を受診された方には、検査の解説や食生活・生活習慣改善のアドバイス冊子を提供しています。

また無料で、管理栄養士による食事アドバイスのサポートも受けることができます。

こんな方にオススメ

  • お通じ・おなかの調整に不安がある方
  • おなかの調子に不安がある方
  • なかなかダイエットが成功しない方
  • ダイエットが成功しない方
  • 食生活の乱れが気になる方
  • 疾患との関連性を知りたい方
  • 自分の腸内環境を知りたい方
  • 妊娠・出産をお考えの方

ご利用の流れ

①検査キットを購入
購入方法はこちらからお選びください
②会員登録を行う
検査キット到着後、アカウント登録を行ってください。
③受診コードを登録する
検査キットにある「受診コード」を登録ください。
※受診コードを紛失すると
結果閲覧ができなくなります
④便を採取して郵送
採便後、1週間以内に郵便ポストに投函ください
⑤検査結果を閲覧する
弊社ラボに検査キットが
到着して、約4~6週間程度で
結果がご覧いただけます

購入方法

医療機関
で購入
ECサイト
で購入
ふるさと納税
で購入

腸内フローラ検査サービス
「Flora Scan🄬」

腸内フローラ検査サービス
「Flora Scan🄬」

※検査費用は各医療機関へ問い合わせください

お近くの医療機関で
購入することが可能です
医療機関を探す
※検査費用は各医療機関へ
問い合わせください

まずはお試し!

  • ●自分の腸内環境を確認したい方へ
1回セット(税込)
¥22,000

セットでお得!

  • ●夫婦や家族で一緒に確認したい方へ
  • ●自分の腸内環境の変化を
    チェックしたい方へ
2回セット(税込)
¥39,800

大阪府枚方市の返礼品

腸内フローラ検査サービス
「Flora Scan🄬」

医学的根拠

京都府立医科大学、摂南大学との
三者共同研究

Flora Scan®は京都府立医科大学、摂南大学、プリメディカの三者共同研究によって得られた国内有数規模の日本人腸内フローラデータベースを用いた検査サービスです。

日本人に特化したデータベースを用いることにより、ご自身の腸内フローラと疾患との関連性まで検査することが可能です。

京都府立医科大学大学院医学研究科
生体免疫栄養学講座 教授
内藤 裕二先生
京都府立医科大学
医療フロンティア展開学 准教授
髙木 智久先生
摂南大学農学部 応用生物科学科
動物機能科学研究室 教授
井上 亮先生
  • * Takagi, Tomohisa, et al. "Typing of the gut microbiota community in Japanese subjects." Microorganisms 10.3 (2022): 664.
  • * 「腸内細菌叢研究データベースの統合的解析による腸内環境評価システムの開発」 京都府立医科大学医学倫理審査委員会 (承認番号ERB-C-1770-2)

よくある質問

会員登録後のメールが届きません
迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動振り分け・削除されている可能性がございます。
通知メールは「@premedica.co.jp」のドメインから送信されますので、受信できるよう、設定をお願い致します。
上記対応後も届かない場合には、お手数ですが、株式会社プリメディカまでお問い合わせください。
検査結果が閲覧できません
オンラインにて検査結果を閲覧するためにはマイページ上で受診コードをご登録いただく必要がございます。
検査キット内に同封されている手順書をご確認ください。
病気の有無がわかりますか?
いいえ。本検査では腸内フローラと疾患との関連性を示しておりますが、あくまでも腸内フローラの観点から判定した各疾患との関連度であり、疾患の診断や今後の発症に直結するものではございません。
どのような方におすすめですか?
「病気ではないがなんとなくおなかの調子がすぐれない方」、「生活習慣を改善するきっかけがほしい方」、「腸活に取り組んでいる、これから取り組もうとしている方」などにおすすめです。
どれくらい検査実績がありますか?
2021年12月のリリース以降、約300の医療機関様にご導入いただいております。

問い合わせはこちら

お知らせ

2024.3.1
メディア掲載情報
「b/beaut BEAMS」に掲載されました
2024.2.27
メディア掲載情報
「日刊スポーツ」に掲載されました
2024.2.1
メディア掲載情報
「朝日新聞Reライフ.net」に掲載されました(第2弾)
友だち追加